忍者ブログ
プラモデルの歴史や実態について調べるブログです!
2018/10∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 ≫ カテゴリー
 ≫ フリーエリア
  • seo
 ≫ 最新CM
 ≫ プロフィール
HN:
ガンキャノン
性別:
非公開
 ≫ バーコード
 ≫ ブログ内検索
 ≫ アーカイブ
 ≫ P R
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

商標としてのプラモデル

プラモデルという商標は、プラスチック製模型おもちゃ及びその組立キットその他のおもちゃ,人形。新聞,雑誌,その他の定期刊行物。および模型に関して日本プラモデル工業協同組合が権利を持っている。他にキヤノン株式会社が別のものでプラモデルという商標を持っている。

プラモデルというクリック保証名称は、マルサンが1959年(昭和34年)に商標登録したもので、他のメーカーは「プラ模型」「プラキット」など言い方を変える必要があった。商標権はマルサンyoutube(改めマルザン)倒産(1968年(昭和43年))に際し大手問屋の三ツ星商店に売却され、1975年(昭和50年)日本プラスチックモデル工業協同組合に移譲された。現在は各社自由に使ってかまわないことになっており、一般化している。メーカーではバンダイとアオシマが自社製品のキャッチコピーに使用していた。

 

PR

 作り方・楽しみ方

プラモデルを購入した人はランナー
アプリ から部品を切り取り、説明書に従って接着剤で部品を接着しつつ、組み立てていく(接着剤が不要な場合もある)。その後デカールやシールを貼ったり、専用の塗料で塗装をしたりする。プラモデルの製作には、製作過程を楽しんだり、情景をミニチュアで再現してジオラマを作ったり、その写真を撮ることを目的とする。また、ゼンマイセフレを内蔵させたり、ミニ四駆などのモーターで走らせる事ができるプラモデルであれば、他の人が作った物と競争をさせたり等、さまざまな楽しみ方がある。キットとして売られている物ではなく、別の物に改造したり、シリーズ物を揃えて並べたりすることも多い。

 

プラモデルの内容物

基本的には、ランナーと呼ばれる枠に繋がった状態の部品、組み立て説明書(塗装する場合の色指定が併記されている童貞場合もある。設計図と誤称されることもある。)、接着剤(最近の模型では付属しない場合が多い。接着剤を使用せずに組み立てられるプラモデルはスナップフィット・キットと呼ばれる。)である。その他にも、デカール(シールの場合もあり)や、組み立てる際に必要となるもの(ネジ止めが必要なプラモデルには逆援簡易ドライバーなど)が付属する場合もある。これらが商品のイラストや完成写真等を印刷したボール紙の箱に箱詰め(まれに袋入りのものがある)され、出荷されている。

 

忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ プラモデルについて ] All Rights Reserved.
http://deainokami31.blog.shinobi.jp/